ジェネリック薬フィンペシアとは

フィンペシアは、インドの製薬会社シプラ社で製造しているプロペシアジェネリックです。

ジェネリック医薬品は、国内でも製造されているので、海外の製薬会社に抵抗感のある方もいるでしょうが、シプラ社はインドでも大手の製薬会社で80年もの歴史を持つ企業です。

そのシプラ社で製造しているフィンペシアは、プロペシアと同じ有効成分を使用しており、フィナステリドがAGAや前立腺肥大症の改善が期待されています。

海外の医薬品なので、日本国内で入手するためには個人輸入がメインの方法となります。

前立腺肥大症の緩和に使用するなら1日5mgが必要量ですが、AGAのために使用するなら1日1錠1mgが容量となっています。

コーティング剤のキノリンイエローとは?

フィンペシアには2種類あり、キノリンイエローを使用しているタイプと不使用のタイプから選べます。
キノリンイエローとは薬剤をコーティングしている成分のひとつです。

キノリンイエローはコーティング剤の着色料で、タール色素であることから使用を避けたい方もいるので、使用・不使用から選択できるようにしています。

発がん性の噂があったものの、実際にはキノリンイエローが原因の健康被害は報告されていないのが現状です。

注意点や副作用は?

使用方法や注意点はプロペシアと同じです。

肝機能障害や腎機能障害のある方は、使用前に医師との相談が必要ですし、ごくまれに起こる副作用も勃起不全や性欲減退などが挙げられています。

個人輸入代業者を経由して購入するケースが多いので、業者の選び方には注意しましょう。

有効成分のフィンペシアが確かに使用されていることを確認した検査証などを掲示しているなら、安心して利用できる業者だと言われています。

プロペシアジェネリックなら、国内で処方されるプロペシアよりも、安価に購入出来る事から長期的な使用でもコストが負担となり挫折することはないと考えて構いません。

個人輸入代行業者によって価格が異なっているので、より購入しやすい業者を探すのもコツです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPrint this pageEmail this to someone